腰痛を悪化させない努力|筋肉のコリを解そう

先生

腰の痛みを改善

院内

二本足で歩行している人間は、腰に上半身の重みが集中してかかり、腰痛になりやすい仕組みになっています。日ごろから腰痛になりにくい生活習慣を心がけることで腰痛の発生を予防することができますが、既に痛みが生じている場合は病院に行って適切な治療を受けるのが一番です。

詳しく見る

腰の痛みの原因と対処法

女性

腰痛は、加齢によるものだけでなく、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど様々な種類があります。腰痛の対処法として、リラックス状態の時のストレッチがあげられます。ストレッチを行うことで体幹が鍛えられ体のバランスが良くなり、腰痛の予防、改善の効果を得ることが出来ます。

詳しく見る

悪化させないようにする

腰痛

腰痛が酷くなったら医師の診察が必要ですが、その前に酷くならないように予防の努力を行う事が大事です。特に難しい事ではなく、日常の心掛けだけで腰痛対策は可能です。まずは、姿勢を正す事が第一です。座った時についつい猫背になってしまう人は、背筋を伸ばす事を心がけるだけで腰への負担は軽くなります。また日常的に運動を行う事も大事です。激しい運動ではなく、軽いウォーキングなどでも効果があります。軽い運動を行う事で腰の筋肉の緊張を和らげて、筋肉を解すことで腰痛の防止を行いましょう。

ただ腰痛は酷くなると日常生活に支障をきたしてしまいます。歩くどころか這って動くのすら辛くなりますし、寝るにしても仰向けにもうつ伏せにも寝られず横を向いて寝るしか出来なくなります。でも、横向きばかりで寝ていると、今度は床ずれや肩凝りが酷くなったりと腰痛が原因で別の箇所を痛めてしまう事になります。そんな腰痛の改善のためにはマッサージを受ける方法がありますが、状態によっては腰痛を余計悪化させてしまうケースがあります。ですから、腰痛が酷くなってきている場合はまずは医師の診察を受診することをオススメします。現在は腰痛の専門外来が出来るほど、多くの医療機関で対応しています。またそこで診察を受けることで、ヘルニアやガンなど別の重い症状の早期発見が可能となるケースもあります。また腰痛の治療に効果的なコルセットなどが保険利用で購入可能なこともあるので、もし長い間腰痛に悩んでいるのであれば、早めに受診しましょう。

誰もが経験

中年男性

腰痛は、年齢による筋力の衰えのほか、若い頃の身体の酷使や姿勢の悪さなどが原因となっています。症状が重い場合は生活に支障をきたすこともあるため、整形外科や整体などにかかり、適切に処置してもらうようにしましょう。

詳しく見る