腰痛を悪化させない努力|筋肉のコリを解そう

医師

誰もが経験

中年男性

症状を知る

年齢を重ねるごとに筋肉は衰えていきます。そして、その中でも一位、二位を争う症状が腰痛です。体の上半身、下半身を繋ぐ筋肉が多数束になって腰に集中しているため、一度腰痛になってしまうと持病になりかねません。先ほど説明した、筋肉の衰えもそうですが、若い頃に酷使してしまったがために、年を取るにつれて不調が来る場合もあり、姿勢が悪いと下半身の筋肉も衰えるため、骨盤が広がりO脚、X脚になってしまうのも腰痛が原因になってきます。また、神経なども背骨付近にかけて多く通っているために、腰付近にも集中しているため、神経に触ることで、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰と言った日常生活に支障をきたす、歩く事も困難な症状が出る可能性があります。

対策方法

症状が重い場合は、一度整形外科や整体などに行ってみると良いでしょう。整形外科の場合は、症状によって湿布、痛み止めなどの処方箋を出してくれるうえ、レントゲンで骨に異常がないかも見てくれます。そのため腰痛がなぜ、どの様な原因で起きているのかを事細かに調べてくれます。一方整体は、電気治療や鍼治療などを行ない、筋肉をほぐし、骨のズレを治すことで、元ある骨格に矯正すると言う役割を担っているため、薬などに頼らない理にかなった方法で腰痛を治療する方法です。この様に、どうやって治すか治せるかをしっかりと把握する事で、腰痛になってしまった場合も安心です。さらに腰痛になりにくい体を手に入れるために、筋トレや姿勢をよくして歩くなどの意識づけを行うようにしましょう。